畜産物|放射能検査地図(2014年)


  • LINEで送る

放射能検査地図の目的について

ホワイトフードは厚生労働省が先月4月に発表した平成26年3月最新の食品の放射能検査結果から、セシウムが検出された畜産物を抜き出し、日本地図に表示をしました。

放射能の影響を30才成人の3〜4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材が放射能を検出しているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成しております。

畜産物について

■畜産物の放射能検査地図(市町村別)
畜産物の放射能検査地図(市町村別)
地図の画像を拡大表示する

■畜産物の放射能検査地図(県別)
畜産物の放射能検査地図(県別)
地図の画像を拡大表示する

※他県が検査した場合などで、市町村のデータ表示がないところもありましたので、都道府県レベルも併記しました。

■畜産物の放射能検査結果
畜産物の放射能検査結果
地図の画像を拡大表示する

今回の検出は、牛肉と豚でした。一方、鶏肉に関してはどの地域も含めて、不検出でした。検出限界値の関係もあり、100%安全であるとは言えないかもしれませんが、外食などでどうしても子どもや妊婦さんに肉を食べさせないといけない場合は、鶏肉を選択されることをオススメ致します。

国の基準以下の肉類もございますが、妊婦さんとお子さまのいらっしゃるご家庭は放射能による発がんには、◯◯ベクレル/kg以上食べると必ずガンになるというしきい値はありませんので、ホワイトフードでは、できる限り安全なモノを食していただきたいと思います。

食品の放射能検査地図【畜産物編】情報ソース

厚生労働省の平成26年3月最新の食品の放射能検査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/2r98520000033v5a.html


ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社