果物|放射能検査地図(2013年)


  • LINEで送る

放射能検査地図の目的について

ホワイトフードは厚生労働省が発表した2013年度の332,727件の放射能検査結果から、セシウムが検出されたモノを抜き出し、日本地図に表示をしました。

放射能の影響を30才成人の3〜4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材が放射能を検出しているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成しております。

果物について

■果物の放射能検査地図(市町村別)
果物の放射能検査地図(市町村別)
地図の画像を拡大表示する

■果物の放射能検査地図(県別)
果物の放射能検査地図(県別)
地図の画像を拡大表示する

※他県が検査した場合などで、市町村のデータ表示がないところもありましたので、都道府県レベルも併記しました。

果物の放射能検査結果

チェルノブイリ事故後に、数値が高かったフルーツは、イチゴやブルーベリーなどのベリー系でしたが、福島原発事故ではベリー系を抑えて柑橘系が高い数値になっております。

カキ、洋ナシ、キウイフルーツも、子どものご家庭では、注意された方が良いフルーツだと思います。

情報ソース:厚生労働省の2013年度放射能検査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m9tl.html

ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社