肉|放射能検査地図(2014年)


  • LINEで送る

放射能検査地図の目的について

厚生労働省が発表した31万件のデータをもとに、2014年度の肉の放射能検査地図を作成しました。


放射能の影響を30才成人の3~4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材から放射能が検出されているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成しております。

肉について

■肉の放射能検査地図(市町村別) 肉の放射能検査地図(市町村別) 地図の画像を拡大表示する

■肉の放射能検査地図(都道府県別) 肉の放射能検査地図(都道府県別) 地図の画像を拡大表示する

■肉の放射能検査結果 肉の放射能検査結果 グラフの画像を拡大表示する


※肉の検出限界値の平均は24.74ベクレル/kgでした。
牛肉の放射能汚染が全国的に高いのが印象的です。チェルノブイリ事故の時もそうでしたが、放射能が土壌に降り、牧草がセシウムを土壌から吸着し、牛が1日中牧草を食べるので高い数値がでるという食物連鎖です。セシウムは筋肉に溜まりやすいので、牛肉が高い数値になっているのだろうと想像できます。

食品の放射能検査地図【肉編】情報ソース

厚生労働省の平成26年度月別検査結果 http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000045281.html

ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社