イモ類|放射能検査地図(2013年)


  • LINEで送る

放射能検査地図の目的について

ホワイトフードは厚生労働省が発表した2013年の33万件の放射能検査結果から、セシウムが検出されたイモ類を抜き出し、日本地図に表示をしました。

放射能の影響を30才成人の3〜4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材が放射能を検出しているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成しております。

イモ類(非流通品)について

■イモ類(非流通品)の放射能検査地図(市町村別)
イモ類(非流通品)の放射能検査地図(市町村別)
地図の画像を拡大表示する

■イモ類(非流通品)の放射能検査地図(県別)
イモ類(非流通品)の放射能検査地図(県別)
地図の画像を拡大表示する

■イモ類(非流通品)の放射能検査結果
イモ類(非流通品)の放射能検査結果
地図の画像を拡大表示する

■イモ類(非流通品)の放射能検査結果一覧

品目 検出検体数 平均値(ベクレル/kg)
サツマイモ 19 12.4
ジャガイモ 8 5.2
サトイモ 8 6.2
ヤマノイモ 3 9.1
ナガイモ 2 5.1
キクイモ 2 11.9
サトイモ(葉柄) 1 6.9

※イモ類の検出限界値の平均は12.1ベクレル/kgでした。

イモ類(流通品)について

■イモ類(流通品)の放射能検査地図(市町村別)
イモ類(流通品)の放射能検査地図(市町村別)
地図の画像を拡大表示する

■イモ類(流通品)の放射能検査地図(県別)
イモ類(流通品)の放射能検査地図(県別)
地図の画像を拡大表示する

■イモ類(流通品)の放射能検査結果
イモ類(流通品)の放射能検査結果
地図の画像を拡大表示する

※イモ類の検出限界値の平均は13.85ベクレル/kgでした。

芋はチェルノブイリ事故後に、もっとも高度に汚染された食品の1つで、チェルノブイリ事故関係者からは気をつけたほうが良いと言われてきた食品と言われてきました。日本においても、東北と関東を中心に汚染が如実に現れております。放射性セシウムが地表6cmのところに蓄積されていきますので、今後どのように汚染が進むのか、あるいは減っていくのかを確認する必要です。

芋の流通のワースト3は、流通品および非流通品ともに、さつまいも、じゃがいも、さといもでした。

土付きの芋も販売されていることがあるので、良く洗って、皮をむいて食べることが大切です。土についている放射性物質は食品に入っている量とは数桁ことなるので、とても危険です。産地選びと食べ方も気を使う必要があると考えております。

放射能の影響を受けやすい子どもと妊婦さんは産地が分からなかったり、放射能検査していないさつまいもやじゃがいもをはじめとする芋類は食べない方が良いと思っています。秋の芋掘りをやる幼稚園もありますが、地域によっては見合わせて欲しいなと願っています。

ホワイトフードは各ご家庭で最も大切なお子さまを守る上で必要な情報ををご提供し、放射能や食品添加物ができるかぎり入っていない、あたり前の食をご提供し続けて参りたいと考えております。

食品の放射能検査地図【イモ類編】情報ソース

厚生労働省の2013年度放射能検査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m9tl.html


ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社