お米|放射能検査地図(2014年上半期)


  • LINEで送る

放射能検査地図の目的について

ホワイトフードは厚生労働省の2014年の上半期の放射能検査データから、セシウムが検出されたお米を抜き出し、日本地図に表示をしました。 放射能の影響を30才成人の3~4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材が放射能を検出しているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成しております。

お米(非流通品)について

■お米(非流通品)の放射能検査地図(市町村別) お米(非流通品)の放射能検査地図(市町村別) 地図の画像を拡大表示する ■お米(非流通品)の放射能検査地図(県別) お米(非流通品)の放射能検査地図(県別) 地図の画像を拡大表示する ■お米(非流通品)の放射能検査結果 お米(非流通品)の放射能検査結果 地図の画像を拡大表示する

お米(流通品)について

■お米(流通品)の放射能検査地図(市町村別) お米(流通品)の放射能検査地図(市町村別) 地図の画像を拡大表示する ■お米(流通品)の放射能検査地図(県別) お米(流通品)の放射能検査地図(県別) 地図の画像を拡大表示する ■お米(流通品)の放射能検査結果 お米(流通品)の放射能検査結果 地図の画像を拡大表示する

※お米の検出限界値の平均は7.1ベクレル/kgでした。
上半期のデータはお米が採れるシーズンではないので検査件数自体が少ないのですが東北と関東を中心に広範囲に放射性セシウムが含まれていることが分かります。
また、検出限界値の平均が7ベクレル/kgと高い数値になっておりますので、それ以下での放射能が検出される可能性が高いので氷山の一角であると考えた方が良いと思います。

チェルノブイリ事故の文献を「放射能とたたかうブログ」で翻訳し公開しておりますが、その中でもキノコや乳製品やイチゴなどのベリーけーの食材による汚染と、沢山食べる小麦などの穀物によって放射能で体が汚染されてしまったという記載も多くありました。

日本人の子どもご家庭では毎日食べるお米をキレイにすることが、とても大切であると考えております。
ホワイトフードは放射能の影響を受けやすいけども、各ご家庭のもっとも大切な存在である子どもと妊婦さんを一緒に守っていけるように、できる限り正確な食の安全の情報をご提供し、放射能や食品添加物ができるかぎり入っていない、あたり前の食をご提供したいと考えております。

食品の放射能検査地図【お米編】情報ソース

厚生労働省の平成26年度月別検査結果 http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000045281.html


ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社