タケノコ|放射能検査地図(2016年上半期)


  • LINEで送る

タケノコの放射能汚染について

2016年上半期に厚生労働省が発表したデータをもとに、セシウムが検出されたタケノコを抜き出し、日本地図に表示しました。


■タケノコの放射能検査地図(市町村別)タケノコの放射能検査地図(市町村別)
地図の画像を拡大表示する

■タケノコの放射能検査地図(都道府県別)タケノコの放射能検査地図(都道府県別)
地図の画像を拡大表示する

■ タケノコの放射能検査結果 タケノコの放射能検査結果
グラフの画像を拡大表示する

タケノコの検出限界値の平均は15.1ベクレル/kg でした。検出限界値が15.1ベクレル/kgととても高いにもかかわらず、711検体から放射能が検出されていました。

タケノコは放射性物質を吸収しやすいと言われていますが、2016年上半期に厚生労働省が発表したデータでも、宮城県のタケノコから国が定めている基準値100ベクレル/kgを上回る数値の汚染が複数件確認されております。宮城県のタケノコは汚染数値が最も高く、最大で放射性セシウム134と放射性セシウム137の合計が240ベクレル/kg検出されています。

その他の地域では、千葉県で最大68ベクレル/kg、栃木県で最大66ベクレル/kg、岩手県で最大56ベクレル/kg、茨城県で最大55ベクレル/kg検出されており、東北~関東にかけての広範囲でかなり高い数値の汚染が確認されています。

年末年始のお料理でタケノコを使用することも多くなりますが、産地や検査状況などを慎重にご確認ください。

タケノコの放射能検査地図(2016年上半期)情報ソース

厚生労働省
平成27年度月別検査結果 http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000084439.html
平成28年度月別検査結果 http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/0000123454.html


ガイガーカウンター
ホワイトフード株式会社